身近な税金簡単ガイド

10月から消費税値上がり!軽減税率対象はどんなもの?

軽減税率ってなに?

消費税が10%になるとますます生活が苦しくなる方が出てきます。そこで適用されるのが軽減税率という制度です。

酒や外食を除く飲食料品と定期購読かつ週2回以上発行される新聞を対象に消費税8%にするという内容ですが、飲食料品すべてが対象ではありません。
例えばコンビニやフードコートではテイクアウトの場合のみ軽減税率が適用となります。また出前や宅配は軽減税率が適用されますがケータリングは10%のままです。                         

店側も日々の売り上げや仕入を10%と8%ごとに管理する必要がありますし、レジも複数の税率に対応したものを導入する必要があります。販売者も購入者も慣れるまで混乱するかと思いますが、10月からより一層、税への意識は高まらざるをえないと言えるでしょう。

軽減税率Q &A

大まかな軽減税率適用については上記にまとめましたが、ここではもう少し細かく考えていきましょう。

外食とテイクアウトについてですがコンビニでも飲食スペースを使用するのであればイートインのため10%の消費税になります。そのため店側からテイクアウトか否かの確認が重要になってくると同時にイートインスペースを使用時は申し出が必要になると考えられます。

また映画やカラオケをしながら購入したものを食べる、学生食堂の利用は10%です。注文した食事の残りを持ち帰る場合も10%になるため注意しましょう。学校給食や有料老人ホームでの食事は軽減税率対象となります。

新聞は定期購読で週2回以上発行される新聞であれば、スポーツ新聞や業界紙も軽減税率の対象となります。
しかし、電子版の新聞はインターネットを通じて配信されており、新聞の譲渡に該当しないため対象外となります。


TOPへ戻る